HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

透過型近赤外分光法による精麦粒の総食物繊維測定

フルテキスト
49_620.pdf218.67 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/68427

タイトル: 透過型近赤外分光法による精麦粒の総食物繊維測定
その他のタイトル: Measurement of Total Dietary Fiber in Milled Barley Using Near-Infrared Transmittance Spectroscopy
著者: 清水, 直人 著作を一覧する
Sandra, Kays 著作を一覧する
Barton, Franklin 著作を一覧する
藤田, 雅也 著作を一覧する
石川, 直幸 著作を一覧する
小田, 俊介 著作を一覧する
木村, 俊範 著作を一覧する
大坪, 研一 著作を一覧する
キーワード: 精麦
スペクトル分析
発行日: 2002年 9月
出版者: 日本食品科学工学会
誌名: 日本食品科学工学会誌
巻: 49
号: 9
開始ページ: 620
終了ページ: 623
出版社 DOI: 10.3136/nskkk.49.620
抄録: Whole-grain milled barley (n=56) was scanned using a near-infrared transmittance spectrosco- py (NIT) (850-1048nm) and total dietary fiber (TDF) was determined for each cultivar by AOAC enzymatic-gravimetric method (Method 991. 43). The validation statistics of PLS models using calibration (n=28) and validation (n=28) sets were the standard error of performance (SEP) of O.89~1.03, the coefficient of determina- tion (RR2) of O.83~0.88, Bias of-0.25~0.17 and the ratio of the SEP to the standard deviation of the original data (RPD) of 2.5~2.9. This method could be applied to rough screening in barley breeding Programs.
透過型近赤外分光法による精麦粒のスペクトル分析を行い,AOAC法によって精麦のTDFを測定した。TDFモデルの性能は,56試料を学習データ(n=28)と未知試料(n=28)の2群に分けた場合では,SEP: 0.89~1.03,決定係数(R2): 0.83~0.88,バイアス: -0.2~0.17, RPD: 2.5~2.9を示した。本研究で用いた透過型近赤外分光装置(波長域:850~1050nm,分光方式:回折格子,測定対象試料:全粒)に基づくTDFモデルは大麦の大まかな品種選抜などの育種プログラムに適用できる水準にある。
Relation (URI): https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1995/49/9/49_9_620/_article/-char/ja
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/68427
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 清水 直人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学