HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

モチ米澱粉の熱水ナノスケール微細化

フルテキスト
Waxy rice_T13393 0515-1.pdf595.15 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/68433

タイトル: モチ米澱粉の熱水ナノスケール微細化
その他のタイトル: Characterization of the nanoscale processing of waxy rice starch using compressed hot water
著者: 吉岡, 泰嗣 著作を一覧する
清水, 直人 著作を一覧する
キーワード: waxy rice starch
nanoparticle
compressed hot water
ionic product
発行日: 2014年
出版者: 日本食品工学会
誌名: 日本食品工学会誌
巻: 15
号: 2
開始ページ: 95
終了ページ: 100
出版社 DOI: 10.11301/jsfe.15.95
抄録: 加圧熱水の反応場を用いてモチ米澱粉のナノスケール化を行った.澱粉の濃度,加圧熱水の圧力と温度をそれぞれ操作し,調製条件の違いによる澱粉粒子の性質の違いを観察した.澱粉粒子の性質としてゼータ電位・粒度分布測定装置を用いて平均粒子径と粒子径分布を測定した.澱粉の平均粒子径は調製条件に依存し,濃度が小さいほど平均粒子径は小さくなり,圧力と温度が高いほど平均粒子径は小さくなった.濃度0.1%(w/w),初期圧力3.0 MPa,到達温度180°Cという調製条件において平均粒子径が150.4 nmとなり,本実験における最小の平均粒子径を示すことが明らかになった.また,100 nm以下の粒子が約30%であった.本実験の操作範囲において温度,圧力および濃度を操作することで平均粒子径を制御し,目的に応じた平均粒子径の試料を調製できることが示唆された.また,大気圧−100°Cで調製した場合においては100 nm以下の成分が確認できず,加圧熱水を用いて調製した場合ではいずれの試料においても100 nm以下に粒子の分布が認められた.このことから加圧熱水は平均粒子径100 nm以下の小さな粒子を調製する手段として有効であることがわかった.さらに,圧力と温度からMarshall-Franckの式を用いて求めた水のイオン積によって,加圧熱水の反応場の特性を評価できることが明らかになった.
Nanoscale waxy rice starch particles were prepared in compressed hot water, and the effects of the concentration of waxy rice starch dispersion, the pressure and temperature of the compressed hot water on mean particle size and particle size distribution were investigated. Particle size and particle size distribution of the waxy rice starch nanoparticles were measured by dynamic light scattering. Mean particle size was found to depend on the preparation conditions. The smallest average particle size of 150.4 nm was obtained with a starch concentration of 0.1% (w/w), an initial pressure of 3.0 MPa, and a final temperature of 180℃. It is suggested that particle size can be controlled by the preparation conditions. In addition, any sample prepared in compressed hot water tends to have a particle size distribution spanning less than 100 nm. The use of compressed hot water is also effective for preparing waxy rice starch nanodispersion with nanoparticles smaller than 100 nm. Furthermore, we have attempted to determine the reaction field of compressed hot water by the ionic product.
Rights: 著作権は日本食品工学会にある。利用は著作権の範囲内に限られる。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/68433
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 清水 直人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学