HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

超遠心粉砕機による米のクラリオ微粉末化と各種米微粉末の微細構造

フルテキスト
CryomillingT12370.pdf1.54 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/68437

タイトル: 超遠心粉砕機による米のクラリオ微粉末化と各種米微粉末の微細構造
その他のタイトル: Pulverization of rice by ultracentrifuge cryomilling and microstructure of various pulverized rice
著者: 高橋, 寿明 著作を一覧する
清水, 直人 著作を一覧する
フジウ, カテリーナ 著作を一覧する
ネヴェス, マルコス 著作を一覧する
市川, 創作 著作を一覧する
中嶋, 光敏 著作を一覧する
キーワード: rice
pulverization
cryomilling
microstructure
発行日: 2013年 1月
出版者: 日本食品工学会
誌名: 日本食品工学会誌
巻: 14
号: 1
開始ページ: 59
終了ページ: 67
出版社 DOI: 10.11301/jsfe.14.59
抄録: ハンマミルで調製された平均粒径 108μm の米微粉末を一次原料にして,粉末の液体窒素浸漬処理の後,超遠心粉砕機を用い,ロータ回転数を6000,8000,10000,14000,18000,18000 ×2 cycle rpmに設定して米のクラリオ微粉末化を試み,6種の米微粉末を調製した.それら米微粉末の成分と粒径分布の測定を行い,米のクラリオ微粉化の素過程に関して,各種米微粉末(低温臼式製粉粉,ハンマミル粉,ジェットミル粉)の成分や平均粒径を参考にしながら解析を進めた.次いで,走査型電子顕微鏡(SEM: Scanning electron microscopy)を用い粳米デンプンの粒子画像を対象にして,超遠心粉砕機による米微粉末と各種米微粉末の微細構造の観察を行った.超遠心粉砕機による米微粉化の素過程として,5種の玄米微粉末の粒子分布には,14.3~17.8 μmと52.1~92.1 μmの2つのピークが認められ,最も平均粒径の細かい粉砕粉末は,17 μmを中心とする粒径分布へと変化,収束していった.SEMによって観察された平均粒径40 μmの粒子は,輪郭が丸く,球形に近かった.平均粒径10 μm以下の粒子の構造は,粳米デンプンの一次粒子に近い多面体であった.また,粉末の加工適性として重要な品質項目であるバルク粉末表面の白色度について,マイクロスケールまで微細化された米微粉末は,より白色度が高まり,細かいほど白いとする傾向は,数マイクロまでサイズダウンされた米微粉末についてもいえるとともに,白度が有用な指標であることがわかった.
Six types of pulverized rice were prepared by ultracentrifuge cryomilling. In this method, the sample being pulverized is immersed in liquid nitrogen. The moisture content and protein content of pulverized rice obtained were determined, and their characteristics were compared with those of rice flours pulverized with three types of mill (disk mill, hammer mill, and jet mill) and a purified non-waxy rice starch. The particle size distributions of rice pulverized by ultracentrifuge cryomilling showed two peaks at 14.3-17.8 μm and 52.1-92.1 μm. The most finely pulverized rice showed a major peak at 17 μm. The pulverized rice particles (average particle size of 40 μm) were composed of spherical shapes. Rice flour pulverized to a micro-scale point (average particle size of 6.5 μm) was characterized by the enhancement of whiteness, which is one of the most important indices for bulk flours.
Rights: 著作権は日本食品工学会にある。利用は著作権の範囲内に限られる。
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/68437
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 清水 直人

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学