HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
大学文書館  >
北海道大学大学文書館年報 >
第13号 >

1918~1945年における帝国大学大学院への女性の進学状況(一) : 化学専攻の進学者に着目して

フルテキスト
ARHUA_13_003_p48-61.pdf2.03 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/70348

タイトル: 1918~1945年における帝国大学大学院への女性の進学状況(一) : 化学専攻の進学者に着目して
その他のタイトル: The women who entered the post-graduate course of Imperial Universities (1)
著者: 山本, 美穂子 著作を一覧する
発行日: 2018年 3月31日
出版者: 北海道大学大学文書館 = Hokkaido University Archives
誌名: 北海道大学大学文書館年報 = Annual Report of Hokkaido University Archives
巻: 13
開始ページ: 48
終了ページ: 61
抄録: 本稿では、戦前戦後期の女性のキャリアパスにおける大学院進学の位置付けを考察する前段階として、まず、1918年より1945年までの帝国大学の大学院を対象とし、女性の進学状況を一覧化して「攷究」分野を確認する。次に、女性初の大学院進学者をみた「化学」専攻に着眼して、丹下ウメ(東北帝国大学大学院1918~1920年在学)と阿武喜美子(東京帝国大学大学院1938~1941年在学)の大学院進学に関する資料を紹介しながら、大学院進学の動機とその背景、進学を支援した人的なつながり等を考察するものとする。
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/70348
出現コレクション:第13号

提供者: 大学文書館

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学