HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
学位論文  >
博士 (歯学) >

ビスホスホネートと2価金属イオンとの拮抗によるアルカリ性ホスファターゼ活性の阻害

フルテキスト
Sho_Mikami.pdf1.16 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/doctoral.k13052
HUSCAP内関連資料

タイトル: ビスホスホネートと2価金属イオンとの拮抗によるアルカリ性ホスファターゼ活性の阻害
著者: 三上, 翔 著作を一覧する
キーワード: ビスホスホネート
アルカリ性ホスファターゼ
パラニトロフェニルリン酸
ピロリン酸
2価金属イオン
発行日: 2018年 3月22日
抄録: ビスホスホネート(BP)によるALP活性抑制の報告があるが,その機構は不明な点が多い.そこで,ヒト骨型,胎盤型,及び肝臓型ALPとマウス由来骨芽細胞様細胞であるMC3T3-E1細胞のALPに対する,窒素非含有型のclodronate(Cl),窒素含有型のrisedronate(Ri)及びalendronate(Al)によるALP活性の阻害機構を検討した. Mg, Zn及びCa存在下の活性を,それぞれ,Mg-ALP, Zn-ALP及びCa-ALPとし,基質としてパラニトロフェニルリン酸(pNPP)あるいはピロリン酸(PPi)を使用した. pNPPを基質とした骨型及び肝臓型の各ALP活性はCl,Ri及びAlの濃度に依存して抑制された.Mg-ALPでは,各BPとMgとの拮抗が見られたが,Zn-及びCa-ALP活性におけるBPとZn及びCaとの拮抗は,Mg-ALPほど顕著ではなかった.また,Clと比較してRi及びAlのほうが強いMg-ALP抑制作用を示し,阻害作用は窒素非含有型と比較して含有型BPのほうが強いことが示唆された. PPiを基質とすると,ClはMC3T3-E1及びヒト胎盤型ALPのCa-ALP活性を,Caと拮抗して濃度依存性に抑制した.P-C-P結合を持つBPがP-O-P結合を持つ基質と拮抗する可能性を考えて,骨型及び肝臓型ALPを使用して,Mg-, Zn-及びCa-ALP活性のpNPP濃度依存性に対するCl,Ri及びAlの影響を検討した.BPは濃度に依存して最大活性を抑制したがpNPPによる50%活性化濃度には顕著な影響を与えず,BPはALPの基質であるpNPPとは拮抗しないことを示唆した.以上の結果は,BPはALPの種類,基質,活性化する2価金属の種類に関係なく,2価金属との拮抗によりALP活性を阻害し,その作用は窒素含有型が非含有型と比較して強いことを示唆した.
学位授与機関: Hokkaido University(北海道大学)
学位の報告番号: 甲第13052号
取得学位の種別: 博士
取得学位の分野: 歯学
取得学位の審査委員: (主査) 教授 山崎 裕, 特任教授 鈴木 邦明, 教授 田村 正人
学位審査の研究科等: 歯学研究科(口腔医学専攻)
資料タイプ: theses (doctoral)
URI: http://hdl.handle.net/2115/70751
出現コレクション:歯学院(Graduate School of Dental Medicine)
博士 (歯学)

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学