HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Theses >
博士 (歯学) >

ラット及びウサギ脳Na,K-ATPase活性に対するbufadienolidesの作用

Files in This Item:
Li_Jia.pdf939.86 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/doctoral.k13060
Related Items in HUSCAP:

Title: ラット及びウサギ脳Na,K-ATPase活性に対するbufadienolidesの作用
Authors: 李, 加 Browse this author
Keywords: Na,K-ATPase
bufadienolides
ouabain
強心作用薬
Issue Date: 22-Mar-2018
Abstract: 漢方薬のセンソは約100種類のbufadienolidesを含む.Bufadienolidesは心不全治療薬であるジギタリスなどと同様の強心ステロイドであり,Na,K-ATPase活性の阻害作用を示すが,報告は少ない.本研究は, bufadienolidesのNa,K-ATPaseに対する作用とその機構を明らかにすることを目的に行った.Bufadienolidesとしてbufalin, cinobufagin, cinobufotalin,ジギタリス類としてouabainを使用し,ウサギ及びラット脳から精製したNa,K-ATPase活性に対する作用を検討した.Bufadienolidesとouabainは,ウサギ及びラット脳Na,K-ATPase活性をほぼ完全に阻害した.両Na,K-ATPase活性に対する50%阻害濃度(IC50)は, ouabainでは290 及び260 nM, bufalinでは40 及び20 nM, cinobufaginでは230及び90 nM, cinobufotalinでは300及び150 nMであった.ウサギ脳Na,K-ATPaseに対するcinobufotalinを除いて, bufadienolidesはNa,K-ATPaseの特異的阻害薬とされるouabainよりも強い抑制作用を示し,特に,bufalinは強い作用を示した.また,ラット脳Na,K-ATPaseはウサギよりも強心ステロイドに対する感受性が高いことが示唆された.次に,ウサギ及びラット脳Na,K-ATPase活性のNa+,K+,Mg2+,ATP濃度依存性に対するouabain ,bufalin,cinobufagin,cinobufotalinの作用を検討した.Ouabainとbufadienolidesはラット及びウサギ脳Na,K-ATPase活性の,Na+,Mg2+, ATPに対する親和性を増大し, K+に対する親和性を低下させた.これらの結果は,ouabainと本研究において使用したbufalin,cinobufagin, cinobufotalinは,同様の機構で, Na,K-ATPaseを抑制することを示唆する.すなわち,センソの強心作用及び利尿作用は,ジギタリス類と同様にNa,K-ATPaseの抑制作用に基づくことを示唆する.
Conffering University: 北海道大学
Degree Report Number: 甲第13060号
Degree Level: 博士
Degree Discipline: 歯学
Examination Committee Members: (主査) 特任教授 鈴木 邦明, 教授 田村 正人, 特任教授 柴田 健一郎
Degree Affiliation: 歯学研究科(口腔医学専攻)
Type: theses (doctoral)
URI: http://hdl.handle.net/2115/70762
Appears in Collections:課程博士 (Doctorate by way of Advanced Course) > 歯学院(Graduate School of Dental Medicine)
学位論文 (Theses) > 博士 (歯学)

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University