HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
農学院・農学研究院  >
雑誌発表論文等  >

寒冷地における籾貯蔵技術の確立 (第1報) : カントリーエレベータでの自然放冷による籾貯蔵

フルテキスト
65_57.pdf1.21 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/70948

タイトル: 寒冷地における籾貯蔵技術の確立 (第1報) : カントリーエレベータでの自然放冷による籾貯蔵
その他のタイトル: Development of Techniques for Storing Rough Rice in Cold Regions (Part 1) : Storage of Rough Rice at Country Elevator with Natural Heat Radiation in Winter
著者: 竹倉, 憲弘 著作を一覧する
川村, 周三 著作を一覧する
伊藤, 和彦 著作を一覧する
キーワード: 寒冷気候
籾貯蔵
超低温貯蔵
カントリーエレベータ
サイロ
穀温
水分
胴割
昇温工程
cold climate
storage of rough rice
super-low-temperature storage
country elevator
silo
grain temperature
moisture content
fissure
rewarming process
発行日: 2003年
出版者: 農業食料工学会
誌名: 農業機械学会誌 = JOURNAL of the JAPANESE SOCIETY of AGRICULTURAL MACHINERY
巻: 65
号: 4
開始ページ: 57
終了ページ: 64
出版社 DOI: 10.11357/jsam1937.65.4_57
抄録: 寒冷地のカントリーエレベータでの籾貯蔵技術の実用化に向けて自然放冷による籾貯蔵試験を行った。その結果, 貯蔵中のサイロ内壁付近の籾の穀温が氷点下になること, および結露防止用ファンにより貯蔵中のサイロ内での結露を防止できることを明らかにした。さらに, 低温の籾をサイロから排出する際に乾燥機で常温通風する昇温技術を検証した。その結果, サイロからの籾排出時に結露にともなう籾への水分吸着が認められるが, 水分は先ず籾殻に吸着し, その後ゆっくりと玄米に水分が移行するために, 胴割の発生はないことを確認した。
An on-farm experiment in which 361 metric tons of rough rice was stored in a silo from November until July was conducted at a country elevator in Hokkaido to develop new techniques for storing rough rice in cold regions. The temperature of the rough rice near the inner silo wall decreased to below ice point (-5°C) due to natural heat radiation in winter, which the temperature of the rough rice in the center of the silo was maintained at almost the same temperature as that at the beginning of storage (5°C). Ventilation in the upper vacant space of the silo prevented moisture condensation on the inside surface of the silo during storage. When the cold rough rice was unloaded from the silo in summer, an unheated forced-air drier was used to increase the temperature of rough rice to above the dew point temperature of surrounding air. During the unloading and rewarming process, the moisture content of the rough rice increased due to moisture condensation on the grain from the air. However, the husks first absorbed the condensation and then the moisture slowly permeated into the brown rice kernel. Thus the rewarming process didn't cause any fissures in the brown rice. The results of the experiment indicate that condensation on rough rice doesn't give rise to any problems.
Rights: © 農業機械学会., © The Japanese Society of Agricultural Machinery
資料タイプ: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/70948
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 川村 周三

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学