HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Theses >
博士 (農学) >

Structure and function of dextran-related enzymes from Streptococcus mutans [an abstract of entire text]

Files in This Item:
Patcharapa_Klahan_summary.pdf193.94 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/71871
Related Items in HUSCAP:

Title: Structure and function of dextran-related enzymes from Streptococcus mutans [an abstract of entire text]
Other Titles: Streptococcus mutans由来デキストラン関連酵素の構造と機能に関する研究 [全文の要約]
Authors: Klahan, Patcharapa Browse this author
Issue Date: 25-Sep-2018
Abstract: Streptococcus mutansは、う蝕形成に関わる口内細菌として知られ、菌体外にデキストラン様の多糖を生産することがその要因の1つである。一方、本糖質は当該細菌にとり貯蔵多糖と理解できるので、デキストランを分解する酵素を産する。従って、デキストラン分解酵素の研究は興味深く、特に触媒作用の分子機構を明らかにすることは極めて重要である。我々は、既にエンド型デキストラナーゼ(DEXaseと略; デキストランをランダムに加水分解する酵素)およびデキストラン・グルコシダーゼ[DGaseと略; デキストランやイソマルトオリゴ糖(α-1,6結合のグルコース残基から成るオリゴ糖)を非還元末端からエキソ型に加水分解する酵素] の2酵素についてX線結晶構造解析に成功した。本研究では、それらの立体構造を基に分子機構の解析を試みた。その結果、DEXaseでは生成物特異性を制御する構造因子を解明でき、DGaseは基質認識に重要な構造因子を明らかにした。また、オリゴ-1,6-グルコシダーゼ(O16Gaseと略)はイソマルトオリゴ糖を非還元末端からエキソ型に加水分解するが、O16Gaseと保存性が高い酵素タンパク質をコードする遺伝子をS.mutansのゲノム中に見出した。本タンパク質の機能を解明するために当該遺伝子の異種宿主発現を行うとともに、基質認識機構を調べた。なお、DGaseとO16Gaseは類似したエキソ型分解反応を触媒するが、両者の相違はDGaseが長鎖オリゴ糖に高い作用を示すのに対し、O16Gaseは短鎖オリゴ糖を好む点にある。
Description: この博士論文全文の閲覧方法については、以下のサイトをご参照ください。
Description URI: https://www.lib.hokudai.ac.jp/dissertations/copy-guides/
Conffering University: 北海道大学
Degree Report Number: 甲第13323号
Degree Level: 博士
Degree Discipline: 農学
Examination Committee Members: (主査) 教授 木村 淳夫, 教授 森 春英, 講師 奥山 正幸, 助教 田上 貴祥
Degree Affiliation: 農学院(生物資源科学専攻)
Type: theses (doctoral - abstract of entire text)
URI: http://hdl.handle.net/2115/71871
Appears in Collections:学位論文 (Theses) > 博士 (農学)
課程博士 (Doctorate by way of Advanced Course) > 農学院(Graduate School of Agriculture)

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University