HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第3号 >

作業道作設における水処理の方法

Files in This Item:
1984_2-9.pdf205.13 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72672

Title: 作業道作設における水処理の方法
Authors: 北條, 元 Browse this author
Issue Date: Mar-1986
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 3
Start Page: 70
End Page: 73
Abstract: 中川地方演習林では、育林・収穫などの仕事を結びつけ、森林施業を効果的に遂行でぎるように路網計画をたてて作業道の作設をおこなっている。現在の総延長は約250kmに達している。 ただし、当地方演習林は急傾斜地や沢が多く、蛇紋岩地帯が広く分布するなどして地形が複雑になっているため、作業道の沢わたりや沢沿いの路線などが作設される機会が多くなっている。そのため、作業道の作設と維持においては、水をどのように処理していくかということが重要な課題となっている。今回は中川地方演習林でおこなっている水処理の方法について、路面排水・横断排水・側溝の処理の具体的な事例について報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72672
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University