HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第5号 >

全層雪崩常習地の造林試険

Files in This Item:
1986_1-9.pdf151.65 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72787

Title: 全層雪崩常習地の造林試険
Authors: 清水, 弘 Browse this author
秋田谷, 英次 Browse this author
湊, 克之 Browse this author
Issue Date: Feb-1988
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 5
Start Page: 18
End Page: 19
Abstract: 雪崩によって植生が著しく破壊された場所では、雪崩の再発生と植生の破壊が悪循環をなして雪崩常習地となり、山地は次第に荒廃して行く。壮令林は、それよりも上方から落下してくる雪崩をせき止める機能は強くないが、全層雪崩の発生防止には究めて効果的に働く。従って、山地を環境資源・物質資源の場と考える場合、もし雪崩発生域に豊かな森林を育てることが出来れば、それは同時に雪崩発生も自然に抑え、好ましい循環状態を実現すると言えよう。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72787
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第5号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University