HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第5号 >

ハリギリの山地根ざしについて

Files in This Item:
1986_1-5.pdf87.73 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72791

Title: ハリギリの山地根ざしについて
Authors: 夏目, 俊二 Browse this author
塚本, 光弘 Browse this author
Issue Date: Feb-1988
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 5
Start Page: 10
End Page: 11
Abstract: ハリギリは毎年7月頃に開花、10月には4-5mmに成熟した黒色の漿果を結ぶ。また種子は硬実であるため、その散布は主に鳥類に依存し、かつこれらに被食されることによってはじめて硬実性が弱められ発芽に至る場合が多い。したがって人工播種しても発芽率は1%程度と低く、地掻きによる一斉更新は殆ど期待できない。 こうしたことから近年、各地で山苗の利活用が試みられているが、中川演習林では昭和61年からハリギリを山地に直接根ざしする試険を行っている。今回は、根ざし後2年間の経過に触れ中間報告とする。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72791
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第5号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University