HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第8号 >

バックホウを用いた地表処理

Files in This Item:
1989_2A-2.pdf170.59 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72864

Title: バックホウを用いた地表処理
Authors: 奥山, 悟 Browse this author
木村 馨 Browse this author
夏目, 俊二 Browse this author
中野, 繁 Browse this author
秋林, 幸男 Browse this author
Issue Date: Mar-1991
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 8
Start Page: 40
End Page: 42
Abstract: 中川地方演習林では、1972年からレーキドーザなどによる天然更新補助作業(掻起し)を実施し、積極的に更新面の拡大をはかってきた。作業対象地は重機の稼働が比較的容易な幹線作業道に沿った未立木ササ地である。この一方で、急傾斜地や小面積のササ地の処理問題が人力地拵えをのぞいて技術的に未確立のまま残されており、あらたな対応がもとめられている。1990年10月、これらの立地に対してバックホウを用いた地表処理を試みた。作業の方法および功程を中心に結果をとりまとめたので報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72864
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第8号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University