HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第8号 >

掻起し地における針葉樹類の侵入及び導入試験について

Files in This Item:
1989_2A-1.pdf237.39 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72865

Title: 掻起し地における針葉樹類の侵入及び導入試験について
Authors: 小宮, 圭示 Browse this author
上浦, 達哉 Browse this author
桝本, 浩志 Browse this author
Issue Date: Mar-1991
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 8
Start Page: 36
End Page: 39
Abstract: 天塩地方演習林では奥地および河西地区を掻起し作業対象地としている。その林相はエゾマツ、トドマツ等の針葉樹と、ミズナラ、カンバ類、ハリギリ、イタヤ類等の広葉樹との針広混交林となっている。この地域は、孔状ササ地が比較的多い地域だったので1972年から1989年まで201.86haについて大型機械による掻起しが行なわれ、さらに針葉樹をはじめ主要樹種の混交を目的とした様々な更新作業が行われてきた。ここではそれらの作業の経過を観察しながら、おもに針葉樹類を中心とした混交林の造成試験について報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72865
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第8号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University