HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第8号 >

座席振動からみた作業時間

Files in This Item:
1989_1-14.pdf114.72 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72868

Title: 座席振動からみた作業時間
Authors: 湊, 克之 Browse this author
Issue Date: Mar-1991
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 8
Start Page: 28
End Page: 29
Abstract: 収穫や更新作業ならびに林道作設等の森林作業には効率化や省力化を図るために数多くの機械が使用されている。とくに最近は、伐出作業の功程を高めるため大型で多工程な伐出機械が北海道に多く導入されてきている。このような森林作業は、作業の対象となる森林を変容させ、また作業をおこなうオペレータの生体になんらかの影響を及ぼすのが常である。海外から新しい大型林業機械の導入が増加するなかでこれらの機械による作業功程の研究と同じ程度に、森林の植生や土壌に及ぼす影響、さらにオペレータの生体に及ぼす影響についての研究が必要と考える。 そのため筆者は、森林作業の作業効率の研究と並行して、その作業が森林や作業者に及ぼす影響についての研究を進めている。その一つとして、作業者が機械操作時に受ける座席振動の調査をおこなった。その概要について報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72868
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第8号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University