HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第10号 >

作業道の水処理(II) : 路面

Files in This Item:
1991_2A-8.pdf185.78 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72950

Title: 作業道の水処理(II) : 路面
Authors: 奥田, 篤志 Browse this author
高畠, 守 Browse this author
阿部, 一宏 Browse this author
上浦, 達哉 Browse this author
Issue Date: Aug-1992
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 10
Start Page: 80
End Page: 83
Abstract: 作業道の水処理(I)では、側溝について雨龍演習林における試みを紹介した。作業道の水処理、側溝と共に重要なものが路面の排水である。 降雨時等に路面を流れる水は、効果的に路外に排出されなければ轍等を流れて路面を洗掘する原因となる。これを防ぐため以前から試行錯誤を重ねながら、効果的な路面排水の方法の検討が行われてきた。 現在、当林の作業道の総延長は200km以上にも及ぶため、路面排水の一箇所当りの作設コストをなるべく低くする必要がある。この点を考慮して雨龍演習林では、カラマツの足場丸太による方法が定着しつつある。ここではこの方法の問題点とその対策について述べることにする。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72950
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第10号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University