HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第10号 >

伐出作業システムのちがいが森林に及ぼす影響 : 雪上作業の集材路跡地の調査から

Files in This Item:
1991_1-18.pdf128.36 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72964

Title: 伐出作業システムのちがいが森林に及ぼす影響 : 雪上作業の集材路跡地の調査から
Authors: 湊, 克之 Browse this author
孔, 徳剛 Browse this author
Issue Date: Aug-1992
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 10
Start Page: 36
End Page: 37
Abstract: 林地土壌が撹乱される主な要因の一つに伐出作業がある。1991年3月の積雪期に、幌加内営林署374林班でおこなわれた伐出作業を対象に、集材路による林地の撹乱状態を調査したので報告する。伐出作業は、チェンソーとクローラタイプトラクタによる全幹集材作業(従来型)と高性能機械のフェラバンチャーとグラップル装着のホイールタイプスキッダによる全木集材作業(高性能型)の2種類の作業システムによっておこなわれた。ここでは主として、集材路が林地を撹乱する程度を、従来型集材と高性能型集材の作業システムの違いについて検討した。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72964
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第10号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University