HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第10号 >

アカエゾマツでみた1回床替え時の選抜効果について

Files in This Item:
1991_1-14.pdf91.65 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/72980

Title: アカエゾマツでみた1回床替え時の選抜効果について
Authors: 門松, 昌彦 Browse this author
鎌田, 暁洋 Browse this author
工藤, 弘 Browse this author
Issue Date: Aug-1992
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 10
Start Page: 28
End Page: 29
Abstract: 既報では、山出し時におけるアカエゾマツ苗木の大きさの優位性が植栽後いつまで持続するかという問題について検討した。その結果、少なくとも植栽後10年目までは大きな苗木が植栽後も大きかったので大きい苗木を選ぶ方がよいことが分かった。また、山出し時の選苗基準は38cm程度であると推定した。 しかし、経費などの関係では山出し以前の床替時、できれば1回床替時(播種後2成長期経過)に本数調整を終えておくのが好ましい。今回の報告では、工藤による調査結果を分析し、1回床替時での調整の可能性を検討する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/72980
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第10号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University