HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第31号 >

和歌山研究林に関する実習の現状と展望 : 技術系職員の実習への関わり方

Files in This Item:
2012-31_1-3.pdf2.26 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73045

Title: 和歌山研究林に関する実習の現状と展望 : 技術系職員の実習への関わり方
Other Titles: The status quo and prospects of field exercise programs in Wakayama Experimental Forest : The roles of technical staffs
Authors: 金子, 潔1 Browse this author
揚妻, 直樹2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kaneko, Kiyoshi1
Agetsuma, Naoki2
Issue Date: 25-Feb-2014
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第31号
Start Page: 17
End Page: 26
Abstract: 実習(演習)は教員が設定した教育目標を達成するように進められるものであり、当然ながら教員が学生への指導のほとんど一切を引き受ける場合が多い。北大研究林における実習においても同様であり、技術系職員が直接、学生を指導する場面はごく限られている。しかし、工夫次第で技術系職員の技術を活かした実習を組み立てることも可能である。北大研究林には多くの技術職員・林業技能補佐員が所属しているので、こうした技術系職員が教育に深く関わるようになれば、北大研究林として特色のある実習内容を学生に提供することができるはずである。和歌山研究林では既に教員主体の従来型の実習だけでなく、技術系職員、特に林業技能補佐員が重要な役割を担う実習を実施してきた。そこで本稿では和歌山研究林における実習において、技術系職員がどのような役割を果たしているのかについて報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73045
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第31号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University