HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第28号 >

野ネズミ調査プロジェクト : これまでの取り組み

Files in This Item:
2009-28_1-5.pdf1.05 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73063

Title: 野ネズミ調査プロジェクト : これまでの取り組み
Other Titles: Research project on rodent populations : results by 2009
Authors: 鷹西, 俊和1 Browse this author
及川, 幸雄2 Browse this author
三好, 等3 Browse this author
汲川, 正次4 Browse this author
佐藤, 智明5 Browse this author
松岡, 雄一6 Browse this author
Authors(alt): Takanishi, Toshikazu1
Oikawa, Yukio2
Miyoshi, Hitoshi3
Kumikawa, Masatsugu4
Sato, Tomoaki5
Matsuoka, Yuichi6
Issue Date: 26-Nov-2010
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第28号
Start Page: 19
End Page: 24
Abstract: 北大研究林における野ネズミ調査の始まりは、1954年洞爺丸台風後の造林地で増加したエゾヤチネズミによる被害に起因している。当時の北大演習林も、被害防除法確立の一環として1967年に道が勧める野ネズミ予察調査に参加し、1984年までの17年間調査を実施した。その後、1991年に長期的な動態調査を目的として、当時の雨龍演習林所属の林田光祐・中川演習林所属の中野繁らを中心に、北大演習林独自で取り組むプロジェクト研究として新たに開始された。苫小牧演習林も1995年秋にプロットを設定し調査を開始した。現在も、プロジェクト発足当時に作成したマニュアルを基にして調査が継続されている。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73063
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第28号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University