HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第27号 >

中の峰山火事跡地植栽試験地の成績調査結果と蓄積推定

Files in This Item:
2008-27_1-1.pdf1.23 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73078

Title: 中の峰山火事跡地植栽試験地の成績調査結果と蓄積推定
Other Titles: Estimating whole timber volume planted in a Nakanomine fire-damaged area using GIS technique
Authors: 高橋, 廣行1 Browse this author
高木, 健太郎2 Browse this author
北條, 元3 Browse this author
小塚, 力4 Browse this author
坂井, 励5 Browse this author
伊藤, 欣也6 Browse this author
實吉, 智香子7 Browse this author
野村, 睦8 Browse this author
Authors(alt): Takahashi, Hiroyuki1
Takagi, Kentaro2
Hojyo, Hajime3
Kozuka, Chikara4
Sakai, Rei5
Ito, Kinya6
Miyoshi, Chikako7
Nomura, Mutsumi8
Issue Date: 30-Nov-2009
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第27号
Start Page: 1
End Page: 5
Abstract: 天塩研究林では、過去100年間の山火事被害面積は6,311haにも及ぶ。山火事跡地では、森林の復元を目指し更新地の造成が行われてきた。現在では多くが緑に戻りつつあるが、天塩研究林東側のヌブカナイ地区、ヌッポロや一線地区、そして中の峰地区の一部では植栽木の成長は芳しくない。中の峰地区に植栽したアカエゾマツと、天塩研究林東側以外の更新地のアカエゾマツの植栽後の樹高変化を表-1に示す。植栽して10年経過すると天塩研究林東側以外の更新地のアカエゾマツは、中の峰地区の2倍以上成長している。この差には様々な環境因子が関与していると推測される。そこで本報告では、中の峰地区において何故植栽木の成長が悪いのか、成績調査結果と成績調査区が設定されている地形との関係から考察を行った。また、両者の関係を考慮して、中の峰地区の植栽木の蓄積推定も試みたので併せて報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73078
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第27号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University