HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第26号 >

木質未利用バイオマス収集と火入れ更新実験

Files in This Item:
2007-26_1-1.pdf8.73 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73085

Title: 木質未利用バイオマス収集と火入れ更新実験
Other Titles: Experiments on the evaluation of the cost for collecting logging slash and of the forest fire effect on the tree regeneration conducted in Teshio experimental forest
Authors: 上浦, 達哉1 Browse this author
和田, 克法2 Browse this author
野村, 睦3 Browse this author
高木, 健太郎4 Browse this author
北條, 元5 Browse this author
高橋, 廣行6 Browse this author
小塚, 力7 Browse this author
坂井, 励8 Browse this author
林業技能補佐員9 Browse this author
Authors(alt): Kamiura, Tatsuya1
Wada, Katsunori2
Nomura, Mutsumi3
Takagi, Kentaro4
Hojyo, Hajime5
Takahashi, Hiroyuki6
Kozuka, Chikara7
Sakai, Rei8
Forestry Technical Staff9
Issue Date: 14-Nov-2008
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第26号
Start Page: 1
End Page: 7
Abstract: 天塩研究林ではこれまで、「山火事跡地の森林復元試験」(芦谷大太郎, 北方森林保全技術,2000)や「カラマツ林の炭素循環機能に関する研究(CC-Lag)」(菅田定雄, 北方森林保全技術,2004)等に代表されるように、広大なフィールドを利用した、森林管理と密接に関連した長期モニタリング研究が行われている。近年では、大がかりな支援体制と、より高度な技術力が要求される研究が年々増加する傾向にある。本報告では2006・2007年度に天塩研究林のフィールドを利用して行われた、大規模野外実験を2例紹介する。木質未利用バイオマスの収集コストに関する研究は北海道大学大学院環境科学院修士課程の及川正敏氏の修士論文研究として実施した。また火入れ更新実験は北海道大学大学院農学院博士課程の小林真氏の博士論文研究として実施した。両氏には本稿の作成のために資料や研究成果を提供していただいた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73085
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第26号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University