HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第25号 >

中川研究林におけるミズナラ林育成の現状と展望

Files in This Item:
2006-25_1-2.pdf9.07 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73103

Title: 中川研究林におけるミズナラ林育成の現状と展望
Other Titles: Current state and view of Mizunara-oak (Quercus mongolica var. grosseserrata) forestation in Nakagawa Experimental Forest
Authors: 浪花, 彰彦1 Browse this author
山ノ内, 誠2 Browse this author
守田, 英明3 Browse this author
三浦, 美明4 Browse this author
照井, 勝己5 Browse this author
Authors(alt): Naniwa, Akihiko1
Yamanouchi, Makoto2
Morita, Hideaki3
Miura, Yoshiaki4
Terui, Katsumi5
Issue Date: 30-Nov-2007
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第25号
Start Page: 15
End Page: 23
Abstract: 中川研究林では、2006年10月に「ミズナラ林の育成」というテーマで育林技術に関する現地検討会を実施した。本林におけるミズナラ林の造成は、古くは1960年代から始まったが、特に90年代から積極的に植栽や播種による更新が行われてきたという経緯がある。更新作業から10年程経過した現在、これらの更新地の現状を振り返り、今後の山造りの方向性を考えたいという主旨で、「ミズナラ林育成」というテーマを設定したものである。検討会では、教員・技術職員・林業技能補佐員といった山造りに関わる全ての職員が共に現場を回り、山造りに関して活発な意見交換が行われた。本報告では、その現地検討会で使用した資料と、討論の内容を紹介しながら、中川研究林におけるミズナラ林育成の現状と今後の展望について考察する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73103
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第25号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University