HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Center for Advanced Tourism Studies >
International Journal of Contents Tourism >
Volume 4 >

On the trail of The Last Samurai (II) : Hobbiton vs Uruti Valley

Files in This Item:
IJCT-Vol-4-Seaton-2019b.pdf336.59 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73106

Title: On the trail of The Last Samurai (II) : Hobbiton vs Uruti Valley
Authors: Seaton, Philip1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): シートン, フィリップ1
Keywords: film tourism
contents tourism
The Last Samurai
Lord of the Rings
Hobbiton
Issue Date: 19-Mar-2019
Publisher: Center for Advanced Tourism Studies, Hokkaido University
Journal Title: International Journal of Contents Tourism
Volume: 4
Start Page: 25
End Page: 31
Abstract: This research note is part two of a three-part series documenting fieldwork at sites related to the 2003 film The Last Samurai. The ‘failure’ of Last Samurai tourism at shooting locations in Taranaki has often been contrasted with the success of tourism in New Zealand relating to Lord of the Rings and The Hobbit. Based on fieldwork at Hobbiton in August 2017, this research note identifies the main reasons why Hobbiton became a popular tourist attraction with up to 3000 visitors per day in 2016-2017, while by the same time Last Samurai tourism had effectively ceased to exist. The reasons for Hobbiton’s ‘success’, by contrast, are identified as a reason why Last Samurai sites might remain attractive for film tourists, while Hobbiton has lost much of its appeal for film tourism purists.
本研究ノートは、2003年公開の映画『ラストサムライ』に関連する場所でのフィールドワーク記録を、3編の連続する研究ノートとしてまとめたうちの「その2」である。『ラストサムライ』のロケ地であるタラナキにおける『ラストサムライ』ツーリズムの「失敗」事例は、しばしば、同じくニュージーランドの事例である『ロード・オブ・ザ・リング』と『ホビット』に関連するツーリズムの「成功」と比較される。本研究ノートでは、2017年8月に実施したホビトンでの現地調査に基づき、『ラストサムライ』関連のツーリズムが明らかに下火になってしまった一方で、ホビトンが、2016年から2017年現在も、1日当たり最大3千人訪問する人気のツーリストアトラクションになり得ているのは何故なのか、その主たる理由について検討を行う。その一方で、ホビトンの「成功」理由は、フィルムツーリズム上の魅力の多くを失ったことが逆に作用した点にあり、この点において、『ラストサムライ』ロケ地は依然としてフィルムツーリストに対して魅力を維持し続けている可能性があることについても論じる。
Relation: https://contents-tourism.press/articles/on-the-trail-of-the-last-samurai-ii/
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73106
Appears in Collections:International Journal of Contents Tourism > Volume 4

Submitter: 山村 高淑

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University