HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第24号 >

野生生物による食害防止についての取り組み

Files in This Item:
2005-24_1-5.pdf1 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73110

Title: 野生生物による食害防止についての取り組み
Other Titles: A trail for protection of forests against the grazing damages caused by wild life
Authors: 和田, 信一1 Browse this author
桝本, 浩志2 Browse this author
芦谷, 大太郎3 Browse this author
久保田, 省悟4 Browse this author
前田, 昌作5 Browse this author
土井, 一夫6 Browse this author
大西, 一弘7 Browse this author
前田, 純8 Browse this author
野田, 真人9 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Wada, Shinichi1
Masumoto, Hiroshi2
Ashiya, Daitaro3
Kubota, Syogo4
Maeda, Syosaku5
Doi, Kazuo6
Ohnishi, Kazuhiro7
Maeda, Jyun8
Noda, Masato9
Issue Date: 30-Nov-2006
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第24号
Start Page: 30
End Page: 34
Abstract: 和歌山研究林(以下、研究林)では、ニホンジカ(以下、シカ)による植栽苗木の食害対策として、柵の設置をはじめ、防止に関する取り組みを行ってきた。しかし、近年まで大きな被害がなかった竹林においてもニホンイノシシ(以下、イノシシ)と思われる新たな食害が生じている。このような被害の拡大は、研究林が位置する平井地区や苗畑のある大川地区も同様で、農作物への被害が地域の深刻な問題となっている。当研究林は、里山に隣接して森林管理を行っていることから、シカの食害防止の取り組みに加え、イノシシやニホンザル、タイワンザル(以下、サル)などによる農林産物の食害防止対策を試みた。本報告では、被害状況や柵の設置などの取り組みを紹介するとともに、今後の問題点について述べる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73110
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第24号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University