HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第23号 >

複層林施業実験 : 樹下植栽木の成長

Files in This Item:
2004-23_1-5.pdf421.51 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73123

Title: 複層林施業実験 : 樹下植栽木の成長
Other Titles: An experimentally silvicultural practice in a multiple-layered forest : growth of trees planted under a tree
Authors: 久保田, 省悟1 Browse this author
桝本, 浩志2 Browse this author
芦谷, 大太郎3 Browse this author
土井, 一夫4 Browse this author
前田, 純5 Browse this author
前田, 昌作6 Browse this author
大西, 一弘7 Browse this author
和田, 信一8 Browse this author
野田, 真人9 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kubota, Syogo1
Masumoto, Hiroshi2
Ashiya, Daitaro3
Doi, Kazuo4
Maeda, Jyun5
Maeda, Syosaku6
Ohnishi, Kazuhiro7
Wada, Shinichi8
Noda, Masato9
Issue Date: 11-Nov-2005
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第23号
Start Page: 19
End Page: 23
Abstract: 和歌山研究林の林地面積(427ha)のうち約76%(323ha)が人工造林地となっている。その人工造林地の92%(298ha)が皆伐施業実験林であり、6%(18ha)が択伐複層林施業実験林(以下複層林)として設定されている。同複層林は、当林の南側に位置する窪谷流域の1林班と5林班に所在している。本研究対象地である5林班(図-1)は、1936~1937年植栽のスギ、ヒノキ人工造林地で、1981~1987年度にかけて複層林化のための択伐と樹下植栽を実行して複層林へと誘導された。これまでの施業については、設定当時の複層林計画(表-1)に沿って実行されてきた。しかし、複層林化後17~23年経過した樹下植栽木(以下下層木)の成長は必ずしも良好とはいえない状況である。このことから、下層木の成長に関する環境改善を含め、今後の取り扱い方針の再検討が重要な課題となっている。本林では、これまでにも下層木の成長に関する報告が行われてきた。林内照度と樹下植栽幼樹の成長や複層林化15年経過後の下層木の成長などがある。本研究は、複層林化後17~23年を経過した現在の下層木について年輪幅の時系列変動から見た成長経過と予測に関する報告である。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73123
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第23号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University