HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第21号 >

GISを利用した林相図作成技術の開発

Files in This Item:
2002-21_1-6.pdf1.87 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73147

Title: GISを利用した林相図作成技術の開発
Other Titles: Development of method for creating forest maps using GIS (Geographic Information System) technique
Authors: 小塚, 力1 Browse this author
小宮, 圭示2 Browse this author
池上, 佳志3 Browse this author
Authors(alt): Kozuka, Chikara1
Komiya, Keiji2
Ikegami, Yoshiyuki3
Issue Date: 26-Dec-2003
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第21号
Start Page: 31
End Page: 36
Abstract: 現在、北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション(以下、森林圏ステーション)では、2005年度からの長期計画に向けて林相図の更新を行っている。今回の林相図作成における特徴は、林相図の精度の向上と更新や修正、管理の容易さを求め、GIS等の地理情報科学の技術を活用することにある。このGISは、すでに先進的な森林組合や行政機関などで森林の管理や施業の効率化を目的に導入している他、全国の大学においても主に研究目的で活用する事例が増えている。しかしながら、保全管理と教育研究の両側面から組織的に導入を試みている大学演習林(研究林)は少ない。こうしたことから、本稿では現在進行している林相図作成におけるGIS技術の導入、並びにその利用の可能性について報告する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73147
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第21号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University