HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第21号 >

北海道和種馬放牧試験地と掻起し試験地における初期の更新状況の比較

Files in This Item:
2002-21_1-4.pdf780.95 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73155

Title: 北海道和種馬放牧試験地と掻起し試験地における初期の更新状況の比較
Other Titles: An evaluation of early stage regeneration between the site used for grazing Japanese horses in Hokkaido and scarified site
Authors: 中嶋, 潤子1 Browse this author
吉田, 俊也2 Browse this author →KAKEN DB
竹田, 哲二3 Browse this author
上浦, 達哉4 Browse this author
鷹西, 俊和5 Browse this author
早柏, 慎太郎6 Browse this author
秦, 寛7 Browse this author →KAKEN DB
伊賀, 曜子8 Browse this author
Authors(alt): Nakajima, Jyunko1
Yoshida, Toshiya2
Takeda, Tetsuji3
Kamiura, Tatsuya4
Takanishi, Toshikazu5
Hayakashi, Shintaro6
Hata, Hiroshi7
Iga, Yoko8
Issue Date: 26-Dec-2003
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第21号
Start Page: 22
End Page: 25
Abstract: 雨龍研究林では、約30年前からササ地の掻起しによる更新作業を行ってきた。これまでの調査研究を基にした作業改善の積み重ねによって、主としてカンバ類が優占する森林を造成することが可能となってきている。しかし、より多様な樹種からなる森林を回復させるためには、さまざまな施業方法を用いて、多様な環境条件を創出することが必要であると考えられる。そのために、北海道和種馬放牧試験地と掻起し試験地における初期の更新状況を比較し、更新樹種の違いを決定づける要因の検討を開始した。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73155
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第21号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University