HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北海道大学演習林試験年報 >
第12号 >

和歌山地方演習林における更新地問題について

Files in This Item:
1993_1A-5.pdf277.44 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73201

Title: 和歌山地方演習林における更新地問題について
Authors: 杉山, 弘 Browse this author
竹田, 哲二 Browse this author
寺本, 守 Browse this author
青井, 俊樹 Browse this author
Issue Date: Sep-1994
Publisher: 北海道大学演習林
Journal Title: 北海道大学演習林試験年報
Volume: 12
Start Page: 24
End Page: 27
Abstract: 森林をとりまく環境はこの10年間に大幅に変わってきた。長期的な木材価格低迷による山村の不況とそれにともなう急激な過疎化のため林業労働者が不足している。また過度な森林伐採による環境保護・自然保護問題が地球的規模で議論されるようになった。こうした様々な流れの中で演習林における森林の取扱い方針も大きく変わりつつある。当林では全森林面積の約75%を人工更新地が占めており、これらの取扱いが第2次長期計画の骨子となる。そこで本報告では今まで行われてきたスギ・ヒノキ人工林施業の流れを振り返り、現時点での問題点を整理し、次期長期計画における人工更新地の取扱い方針を考えてみた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73201
Appears in Collections:北海道大学演習林試験年報 > 第12号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University