HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第21号 >

苫小牧研究林における新しい研究の取り組みと技術サポートのあり方

Files in This Item:
2002-21_1-1.pdf970.84 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73291

Title: 苫小牧研究林における新しい研究の取り組みと技術サポートのあり方
Other Titles: A trial of promoting new projects and the construction of technical support systems in Tomakomai Experimental Forests, Hokkaido University
Authors: 奥田, 篤志1 Browse this author
奥山, 悟2 Browse this author
石井, 正3 Browse this author
市川, 一4 Browse this author
林業技能補佐員一同5 Browse this author
Authors(alt): Okuda, Atsushi1
Okuyama, Satoru2
Ishii, Tadashi3
Ichikawa, Kazu4
Forestry Technical Staff5
Issue Date: 26-Dec-2003
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 第21号
Start Page: 1
End Page: 4
Abstract: 近年、研究林でおこなわれる研究は、大規模化と実験的要素の強い内容へと変化してきた。そして、研究林の業務に占める調査、研究の比率が大きくなった。これまで、研究林の技術職員は主としてフィールドの維持管理を担ってきたが、技官や林業技能補佐員が研究の一部を分担、補助する仕事が増加している。この背景には森林資源の劣化や、原料木材価格の下落等による歳入の減少もあるが、研究林の社会的な役割の変化によるものが大きいだろう。研究林の変化に伴い、現場で対応する技術職員への要望は多様化し、高度化してきた。しかし、研究林における技術職員は、定員削減等により減少する一方であり、適正なフィールドの維持管理や技術の継承等の問題も深刻である。本報告では、苫小牧研究林で最近行った研究の取り組みの一部を簡単に紹介し、その中で苫小牧研究林の技術職員が担当した仕事をもとに、研究林における技術的なサポートについて検討する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/73291
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第21号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University