HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
The Hokkaido University Museum >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

十勝地方、豊北海岸の漂着木処理が引き起こす植生破壊の懸念

Files in This Item:
Nature in Hokkaido56_48-50.pdf3.14 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/73734

Title: 十勝地方、豊北海岸の漂着木処理が引き起こす植生破壊の懸念
Authors: 持田, 誠 Browse this author
Issue Date: 2018
Journal Title: 北海道の自然
Volume: 56
Start Page: 48
End Page: 50
Abstract: 十勝地方の豊北海岸では、近年、十勝川から流出した漂着木の処理により、海浜や海岸草原の植生 が破壊されている。漂着木の集積や重機・トラック類の走行によって、砂丘列の上が裸地化し、植生 が分断したり、従来のウシノケグサ草原が外来種マメツヨイグサの群落に変化するなどの事態が進行 している。漂着木の処理と海岸植生の保全を両立するための方法を早急に確立する必要がある。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/73734
Appears in Collections:総合博物館 (The Hokkaido University Museum) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 持田 誠

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University