HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Humanities and Human Sciences / Faculty of Humanities and Human Sciences >
北大宗教学年報 >
第2号 >

W.ジェイムズにおける「未分類の残余」への視点と「宗教」概念の再構成

Files in This Item:
phil_reli_2-3.pdf685.67 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/90376

Title: W.ジェイムズにおける「未分類の残余」への視点と「宗教」概念の再構成
Authors: 堀, 雅彦 Browse this author
Issue Date: 31-Aug-2019
Publisher: 北海道大学宗教学インド哲学研究室
Journal Title: 北大宗教学年報
Volume: 2
Start Page: 26
End Page: 32
Abstract: 本稿は、2018年12月に東京大学で行われた研究会―「宗教学生成期における哲学の位置」―での発表をもとにしたものである。堀の発表は、ウィリアム・ジェイムズ(William James 1842-1910)の哲学的(かつ神学的)営みとしての「宗教の科学」に注目し、その対象と方法の側面から、彼が描き出そうとした「宗教」の姿の再構成を試みるものであった。後日の考察を加えて行った北大宗教学研究会(2019年2月18日)での報告内容も含めて、以下、その概要を研究ノートとして記す。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/75429
Appears in Collections:北大宗教学年報 > 第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University