HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Field Science Center for Northern Biosphere >
北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests >
第37号 >

都市生態系へのオゾン汚染の影響:実験的研究によるJSTへのとり組み

Files in This Item:
01-3.pdf890.71 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/76338

Title: 都市生態系へのオゾン汚染の影響:実験的研究によるJSTへのとり組み
Authors: 小池, 孝良 Browse this author →KAKEN DB
菅井, 徹人 Browse this author
渡部, 敏裕 Browse this author →KAKEN DB
市川, 一 Browse this author
藤戸, 永志 Browse this author
佐々木, 圭子 Browse this author
曲, 来葉 Browse this author
渡辺, 誠 Browse this author
荒川, 圭太 Browse this author →KAKEN DB
山﨑, 友紀 Browse this author
佐藤, 冬樹 Browse this author →KAKEN DB
Issue Date: Dec-2019
Publisher: 北海道大学北方生物圏フィールド科学センター森林圏ステーション
Journal Title: 北方森林保全技術
Journal Title(alt): Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests
Volume: 37
Start Page: 11
End Page: 17
Abstract: 多くの開発途上国が直面するのが大気汚染である。これを低減するために緑地を用いた適応的対策への指針を与えることが本研究の課題である。このために北方生物圏フィールド科学センター(FSC)札幌研究林実験苗畑の開放系オゾン付加施設を利用した研究を進めている。表記課題は、国立研究開発法人・科学技術振興機構(略称JST)の国際共同研究イノベーション拠点研究の連携プロジェクトの分担研究である。この研究内容は以下に詳説するが、我々は、日本側のモデル実験の実証的アプローチを分担している。そこで、本稿では、いずれも大学間協定校との共同研究を基礎に、ドイツとの野外調査の概要と、中国側の提案者の曲来葉氏(中国科学院・生態-環境研究センター:旧・北方森林保全学講座OG)らの実験施設も紹介しながら、JST研究「都市生態へのオゾン汚染の影響:モニタリング、評価そして緩和」(YY2019~2021)へのとり組みを紹介したい。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/76338
Appears in Collections:北方森林保全技術 = Technical report for boreal forest conservation of the Hokkaido University Forests > 第37号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

Feedback - Hokkaido University