HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
The Hokkaido University Museum >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

カブスゲCarex cespitosa L. のヤチボウズ断面

Files in This Item:
Bulletin of the Historical Museum of Urahoro16_15-18.pdf4.84 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/76914

Title: カブスゲCarex cespitosa L. のヤチボウズ断面
Other Titles: The cross section of tocksock "Yachi-Bouzu" on Carex cespitosa L. in Urahoro, Hokkaido.
Authors: 持田, 誠1 Browse this author
加藤, ゆき恵2 Browse this author
Authors(alt): Mochida, Makoto1
Kato, Yukie2
Issue Date: Mar-2016
Publisher: 浦幌町立博物館
Journal Title: 浦幌町立博物館紀要
Volume: 16
Start Page: 15
End Page: 18
Abstract:  カブスゲCarex cespitosa L. は北海道東部の湿地帯に見られるカヤツリグサ科スゲ属の多年生草本である。ヨーロッパからアジアにかけて見られる、いわゆる「周北極要素」の植物のひとつで、しばしば大きく株状に発達し、ヤチボウズ(谷地坊主 tocksock)を形成する種として知られる(星野ほか2011、勝山2015)。 ヤチボウズについては、凍結土壌地形における特異的な景観要素として古くから知られているが(尾方2006)、その具体的な構造、形成、発達などについて論じた報告うは少ない。そこで本報では、浦幌に自生するカブスゲのヤチボウズを対象に、縦断面の観察を実施したので、概要を報告する。
Type: article
URI: http://hdl.handle.net/2115/76914
Appears in Collections:総合博物館 (The Hokkaido University Museum) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 持田 誠

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University