HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第69巻第2号 >

関税の雇用を通じた影響の分析

Files in This Item:
0100ES_69(2)_127.pdf1.58 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77782

Title: 関税の雇用を通じた影響の分析
Other Titles: Employment Effect on Optimal Trade Polic
Authors: 山梨, 顕友1 Browse this author
Authors(alt): Yamanashi, Akitomo1
Keywords: Small open economy
Optimal tariff rate
Unemployment
Issue Date: 17-Jan-2020
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 69
Issue: 2
Start Page: 127
End Page: 143
Abstract: 関税が雇用に与える影響と,その厚生への影響を分析する。ヘクシャーオリーン型の貿易のモデルにおいて,労働市場の不完全性をサーチ理論によりモデル化した上で定常均衡を分析した。その結果,労働集約財に対する関税の賦課が失業率を低下させることが分かった。また,自由貿易の状態と比較して,労働集約財に対して限界的な関税賦課を行うことが厚生を改善する効果を持つことが分かった。選好と技術はコブダグラス型関数で表されることを仮定する。この雇用による効果は交易条件効果とは異なり,小国経済を仮定しても発生する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/77782
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第69巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University