HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第69巻第2号 >

戦後ベトナムからの「引揚げ」と「残留」調査から : 資料の検討と課題

Files in This Item:
0160ES_69(2)_227.pdf1.02 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/77851

Title: 戦後ベトナムからの「引揚げ」と「残留」調査から : 資料の検討と課題
Other Titles: The Investigation of Repatriation and Remaining from Post-World War II Vietnam : Examination and Problem of the Documents
Authors: 湯山, 英子1 Browse this author
Authors(alt): Yuyama, Eiko1
Keywords: ベトナム
仏領インドシナ(仏印)
第二次世界大戦
引揚げ
残留
残留日本兵
残留日本人
台湾
Issue Date: 17-Jan-2020
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 69
Issue: 2
Start Page: 227
End Page: 240
Abstract: 本稿では,戦後ベトナムからの「引揚げ」と「残留」に関する調査で得られた,関連資料の所在を提示し,それら資料の検討を行うものである。本研究の大きな目的は,第2次世界大戦後ベトナム(場合によっては,仏印と記する)からの「日本人」引揚げの過程および全体像を解明することにある。そのため,次の4つにそって,調査・研究を進めている。①可能な限り数量的に確認することで全体像の把握をする。②個別体験の集約・集積によって,(個々の経験を)全体における位置づけをする。これによって③戦前,戦時期の再検討と④「人の移動」の通史を構築することが可能になる。初段階として,上記①と②を明らかにするにあたり,どういった関連資料があるのか,最近のアーカイブス公開状況を踏まえて,その部分をまずは示しておきたい。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/77851
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第69巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University