HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Theses >
博士 (歯学) >

スダチチンは破骨細胞の分化誘導を抑制する

Files in This Item:
Seiji_Hegozaki.pdf6.71 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/doctoral.k13865
Related Items in HUSCAP:

Title: スダチチンは破骨細胞の分化誘導を抑制する
Authors: 萇崎, 誠治 Browse this author
Issue Date: 25-Mar-2020
Abstract: 近年, 香酸柑橘類であるスダチの果皮から, ポリメトキシフラボノイドの一つであるスダチチンが発見された. そして, これまでに強力な抗酸化作用を始め, 様々な生理活性があることが報告されている. 本研究では, スダチチンが破骨細胞の分化誘導系のどの時期に作用しているかを検討するために, スダチチン投与後の破骨細胞数を核数別に測定し,破骨細胞の分化誘導系におけるスダチチンの影響を検討した. TRAP染色にて, 総破骨細胞(2核以上)数, 核数別の小型破骨細胞(2-7核)数および巨大破骨細胞(8核以上)数を測定した. スダチチンの最終濃度を7.5μMとし, 分化誘導培地にてスダチチンを培養1日目, 3日目ともに投与したA群, スダチチンを培養1日目のみに投与したB群, スダチチンを培養3日目のみに投与したC群とスダチチンを投与する日数に場合分けを行い, 5日後, 同様に破骨細胞数を測定した. B群, C群と比較し, A群の方が破骨細胞の分化誘導を抑制した. B群とC群を比較すると, C群の方が8核以上の巨大破骨細胞の分化誘導を抑制した. 次に, スダチチン投与1, 3, 6, 12, 24, 96時間後の破骨細胞関連遺伝子の発現量をReal-time-PCR法で定量した. その結果, NFATc-1, RANK, CD47, TRAP, and OC-STAMPにおいては有意に発現量の減少が認められた. 以上の結果から破骨細胞の分化誘導系においてスダチチンは, 分化初期から後期にかけて抑制的に作用していることが示唆された.
Conffering University: 北海道大学
Degree Report Number: 甲第13865号
Degree Level: 博士
Degree Discipline: 歯学
Examination Committee Members: (主査) 教授 飯村 忠浩, 教授 網塚 憲生, 教授 田村 正人, 准教授 吉村 善隆
Degree Affiliation: 歯学研究科(口腔医学専攻)
Type: theses (doctoral)
URI: http://hdl.handle.net/2115/78217
Appears in Collections:課程博士 (Doctorate by way of Advanced Course) > 歯学院(Graduate School of Dental Medicine)
学位論文 (Theses) > 博士 (歯学)

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar_1.0 )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University