HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第70巻第2号 >

寡占市場の均衡化における製品の品質の生産費用に対する影響の識別,推定に関するノート

Files in This Item:
20_ES_70(2)_003.pdf969.9 kBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/80159

Title: 寡占市場の均衡化における製品の品質の生産費用に対する影響の識別,推定に関するノート
Other Titles: A Note on the Identification of the Effect of the Product Quality on Cost in the Oligopoly Market
Authors: 今井, 晋1 Browse this author →KAKEN DB
菊地, 雄太2 Browse this author →KAKEN DB
佐々木, 潔3 Browse this author
鈴木, 広人4 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Imai, Susumu1
Kikuchi, Yuta2
Sasaki, Kiyoshi3
Suzuki, Hiroto4
Keywords: 寡占市場
製品の品質
費用
内生問題
利潤最大化
Issue Date: 17-Dec-2020
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究院
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 70
Issue: 2
Start Page: 3
End Page: 11
Abstract: 製品差別化された企業による寡占市場の場合、企業の費用関数の推定において、製品の観測されざる品質が費用に与える影響は一般的に推定が難しい。それは、費用関数の中に製品の観測されざる品質と費用ショックがあり、それらが相関関係にあるとき費用関数の推定においてバイアスが生じるが、製品差別化された寡占市場において通常用いられる操作変数では、このような内生問題を解決できない。 そこで、本論文では近年Byrne et al. (2020), 今井、菊地、田中(2018) において開発された、操作変数を用いない需要関数、準費用関数の識別・推定方法をさらに拡張し、費用関数の中に製品の観測されざる品質が変数として入っていても、操作変数を用いずに識別・推定を行えることを証明する。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/80159
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第70巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University