HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
情報科学研究科  >
雑誌発表論文等  >

1次元空間における固定半径ランダムグラフの連結性の理論解析

フルテキスト
noshiro2005tom-final.pdf160.39 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/14571

タイトル: 1次元空間における固定半径ランダムグラフの連結性の理論解析
その他のタイトル: Analysis for Connectivity of Fixed Radius Random Graph with the One-dimensional Uniform Distribution
著者: 能代, 愛 著作を一覧する
吉川, 毅 著作を一覧する
栗原, 正仁 著作を一覧する
発行日: 2005年 6月
出版者: 情報処理学会
誌名: 情報処理学会誌. 数理モデル化と応用
巻: 46
号: SIG10
開始ページ: 93
終了ページ: 102
抄録: 近年,ランダムグラフモデルの一つである固定半径モデルが着目されている.これは,固定半径モデル が近年注目されている無線ネットワークと明確な関係があるためである.固定半径モデルG = G(n,R) は,ユークリッド空間上に何らかの分布にしたがってn 個の頂点をランダムに配置し,距離がR 以 内である2頂点間に辺を生成するグラフであり,これは半径R 以内にあれば互いに通信可能であるよ うなn 個のモバイル端末がランダムに分布しているシステムとして,自然に数理モデル化できる.こ のような応用を想定して,固定半径モデルのグラフが連結グラフである確率に興味が持たれている. 本論文では,ユークリッド空間を1次元に限定し,従来の固定半径モデル(固定半径自由直径ランダ ムグラフモデル) と,本論文で新たに定義した固定半径固定直径ランダムグラフモデルの各グラフが 連結グラフである確率を理論的に求める.
Recently, a class of random graph models called the Fixed Radius Model has been received much attention because of its clear relationship with a kind of state-of-the-art wireless communication networks. In the Fixed Radius Model G = G(n,R), each random graph is defined by n nodes placed randomly in the Euclidean plane according to some distribution; each pair of nodes is connected by an edge if and only if the distance between the nodes is within the common radius R. Hence the model can be naturally interpreted as a mathematical model of wireless communication networks in which every mobile node can communicate with other nodes within the distance R. In this paper, we present some analytical results concerning the probability of such random graphs being connected, assuming that the fixed number of nodes are distributed in one-dimensional space according to the uniform distribution. More precisely, we first present the results for the Fixed Radius Fixed Diameter Model developed in this paper and then use them to analyze the conventional, Fixed Radius Free Diameter Model.
Rights: ここに掲載した著作物の利用に関する注意: 本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します。本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです。ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします。
The copyright of this material is retained by the Information Processing Society of Japan (IPSJ). This material is published on this web site with the agreement of the author (s) and the IPSJ. Please be complied with Copyright Law of Japan and the Code of Ethics of the IPSJ if any users wish to reproduce, make derivative work, distribute or make available to the public any part or whole thereof.
Relation (URI): http://www.ipsj.or.jp/
http://www.ipsj.or.jp/01kyotsu/chosakuken/copyright.html
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/14571
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 栗原 正仁

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学