HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology >
Peer-reviewed Journal Articles, etc >

連続離散混合領域におけるファジィ制約充足問題とその反復改善型解法

Files in This Item:
sudoy2005soft-final.pdf2.53 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/14590

Title: 連続離散混合領域におけるファジィ制約充足問題とその反復改善型解法
Other Titles: Hybrid Domain Fuzzy Constraint Satisfaction Problems and Their Iterative Improvement Algorithms
Authors: 須藤, 康裕 Browse this author
栗原, 正仁 Browse this author →KAKEN DB
三田村, 保 Browse this author
Keywords: ファジィCSP
最適化
混合領域FCSP
連続領域
反復改善
Spread Repair
Issue Date: Jun-2005
Publisher: 日本知能情報ファジィ学会
Journal Title: 知能と情報 : 日本知能情報ファジィ学会誌
Journal Title(alt): Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics
Volume: 17
Issue: 3
Start Page: 367
End Page: 375
Abstract: ファジィ制約充足問題は人工知能の基礎戦術として知られる制約充足問題 (CSP: Constarint Satisfaction Plobrem) を拡張したモデルである。CSPおよびファジィCSPにおいて,変数の領域は有限離散集合として定義される。しかしながら数理計画法に代表されるように,現実には変数領域として実数値をとる場合も多く,現実世界の問題をCSPとして定式化する場合にせいげんとなることがある。 本論文では,より自由な問題表現を可能にするため,変数領域が連続領域および離散領域を併せ持つ混合領域ファジィCSP (HDFCSP: Hybrid Domain Fuzzy CSP) を提案し,反復改善に基づくその解法Spread Repairアルゴリズムを提案する。また実験により,連続領域を単純に離散化して得られる従来のファジィCSPアルゴリズムと比較し,解の質および計算時間の面でHDFCSPおよびSpread Repairアルゴリズムが優れていることを示す。
Rights: http://www.j-soft.org/
Type: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/14590
Appears in Collections:情報科学院・情報科学研究院 (Graduate School of Information Science and Technology / Faculty of Information Science and Technology) > 雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

Submitter: 栗原 正仁

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University