HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
工学研究科  >
雑誌発表論文等  >

都市空間における日常生活での歩行特性 -タスク内容の差異からみたアクションの特性-

フルテキスト
都市計画38-3.pdf1.62 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/14731

タイトル: 都市空間における日常生活での歩行特性 -タスク内容の差異からみたアクションの特性-
その他のタイトル: Characteristics of Walking in everyday life in urban space -Characteristics of Action on difference of content of task -
著者: 長谷川, 昌史 著作を一覧する
工藤, 亜紀 著作を一覧する
森, 傑 著作を一覧する
奥, 俊信 著作を一覧する
キーワード: action
task
situated congnition
act-finding
アクション
タスク
状況的認知
アクトファインディング
発行日: 2003年
出版者: 日本都市計画学会
誌名: 都市計画論文集「学術研究論文発表会論文」
巻: 38
号: 3
開始ページ: 427
終了ページ: 432
抄録: This research aims to probe characteristics of walking on difference of content of task which is strolling behavior and wayfinding behavior in everyday life in urban space from the viewpoint of Act-findingan and to find a new point of view for comfort.It became clear that the occurrence of action at wayfinding behavior is less than that of action at strolling behavior, and that the occurrence place at wayfinding behavior shows bias distribution and that at strolling behavior shows entirely distribution. People have selected the act by each intention in the same space while changing relations with environments surrounding.
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/14731
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 森 傑

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学