HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第99号 >

大学生の体力と社会的プロダクティビティ

フルテキスト
2006-99-1.pdf1.08 MBPDF見る/開く
この文献には次のDOIがあります:http://doi.org/10.14943/b.edu.99.1

タイトル: 大学生の体力と社会的プロダクティビティ
その他のタイトル: Physical Fitness and Social Productivity in College Students
著者: 須田, 力 著作を一覧する
森田, 勲 著作を一覧する
キーワード: 社会的プロダクティビティ
除雪
体力
大学生
ボランティア活動
発行日: 2006年 9月25日
出版者: 北海道大学大学院教育学研究科
誌名: 北海道大学大学院教育学研究科紀要
巻: 99
開始ページ: 1
終了ページ: 18
抄録: 本研究の目的は,除雪ボランティアに象徴される身体的努力を要する社会的プロダクティビティ的行動に関わる要因を明らかにすることである。全域が豪雪地として指定されている北海道のHK大学及びAG大学の新入生に対して除雪に関する質問紙法による調査を実施し,男子370名,女子157名から有効回答を得た。HK大学の回答者のうち男子 69名,女子13名に体力測定(身長,体重,上体起こし,握力,背筋力,脚伸展パワー,12分間走およびショベリング投擲力テストを実施した。得られた結果を要約すると下記の通りである。1.入試の難関とされている札幌市内の4高校の出身者は,除雪ボランティアの体験率が男女とも有意に低かった。2.北海道の高校出身者は本州の豪雪地出身者に対して,除雪ボランティアの体験率及び除雪ボランティアへの参加希望率が有意に低かった。3.除雪ボランティアを体験した群は,参加経験のない群よりも参加希望の割合が有意に高かった。 4.除雪ボランティアへ参加を希望した男子は,身長,握力,脚伸展パワー,12分間走及びショベリング投擲力が有意に優れていた。これらの結果から,きつい肉体労働を伴う社会的プロダクティビティの高い行動への参加は,学歴志向,地域の社会文化的要因,ボランティア活動の体験及び体力によって影響されることが示唆された。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/14781
出現コレクション:第99号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学