HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
北海道大学病院  >
雑誌発表論文等  >

分子生物学的に同一クローンの再発を確認しえた biphenotypic leukemia

フルテキスト
臨床血液45-2.pdf272 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/17242

タイトル: 分子生物学的に同一クローンの再発を確認しえた biphenotypic leukemia
その他のタイトル: Relapse of biphenotypic leukemia confirmed by molecular study
著者: 小野澤, 真弘 著作を一覧する
橋野, 聡 著作を一覧する
泉山, 康 著作を一覧する
米積, 昌克 著作を一覧する
千葉, 広司 著作を一覧する
近藤, 健 著作を一覧する
田中, 淳司 著作を一覧する
今村, 雅寛 著作を一覧する
浅香, 正博 著作を一覧する
キーワード: Biphenotypic leukemia
Minimal residual disease
T-cell receptor rearrangement
発行日: 2004年 2月29日
出版者: 日本臨床血液学会
誌名: 臨床血液 = The Japanese Journal of Clinical Hematology
巻: 45
号: 2
開始ページ: 161
終了ページ: 163
抄録: A 60-year-old woman was admitted to our hospital to receive treatment for relapse of biphenotypic leukemia 4 years after initial presentation. Bone marrow examination revealed 53.5% lymphoblasts, which were classified as ALL-L2 with normal karyotype. Surface markers of lymphoblasts were positive for both B-cell and myeloid lineage. Immunoglobulin heavy chain and T-cell receptor gene rearrangements were investigated by PCR. Clonal rearrangement of TCRδ Vδ2-Dδ3 was detected. The same clonal rearrangement of TCRδ was found using frozen initial leukemic cells. Her leukemia was confirmed as not secondary leukemia but relapse of the initial clone. Detection of the rearrangement was also useful as a patient-specific marker for minimal residual disease.
資料タイプ: article (author version)
URI: http://hdl.handle.net/2115/17242
出現コレクション:雑誌発表論文等 (Peer-reviewed Journal Articles, etc)

提供者: 小野澤 真弘

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学