HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
教育学院・教育学研究院  >
子ども発達臨床研究センター英文年報 = Research and Clinical Center for Child Development : Annual Report >
No. 17 >

AN INVESTIGATION OF DIFFERENCES IN SOCIAL SPACE IN THE PLAYROOM:THROUGH ANALYSIS BY THE QUOTIENT OF ‘ASSOCIATED’ BEHAVIOR

フルテキスト
17_P9-21.pdf723.47 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/25304

タイトル: AN INVESTIGATION OF DIFFERENCES IN SOCIAL SPACE IN THE PLAYROOM:THROUGH ANALYSIS BY THE QUOTIENT OF ‘ASSOCIATED’ BEHAVIOR
その他のタイトル: プレールーム空間における社会的場の差異に関する検討:かかわり行動係数による分析
著者: KANAZAWA, Katsumi 著作を一覧する
GOTOH, Emiko 著作を一覧する
GOTOH, Mamoru 著作を一覧する
キーワード: Behavioral Space Therapy
The Behavioral Space Analysis
The Quotient of ‘Associated’ Behavior
発行日: 1995年 3月
出版者: 北海道大学教育学部附属乳幼児発達臨床センター=FACULTY OF EDUCATION, HOKKAIDO UNIVERSITY
誌名: 乳幼児発達臨床センター年報=RESEARCH AND CLINICAL CENTER FOR CHILD DEVELOPMENT Annual Report
巻: 17
開始ページ: 9
終了ページ: 21
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/25304
出現コレクション:No. 17

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学