HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第57巻第4号 >

NPO・政府・企業間の戦略的協働に関する実証研究 -ツール・ド・北海道の事例分析-

Files in This Item:
ES57(4)_149-186.pdf4.24 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/32395

Title: NPO・政府・企業間の戦略的協働に関する実証研究 -ツール・ド・北海道の事例分析-
Other Titles: An Empirical Study of Strategic Collaboration among Nonprofits, Governments and Businesses - Case of `Tour de Hokkaido' -
Authors: 後藤, 祐一1 Browse this author
Authors(alt): Goto, Yuichi1
Keywords: 戦略的協働
ツール・ド・北海道
協働の窓モデル
Issue Date: 10-Mar-2008
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Volume: 57
Issue: 4
Start Page: 149
End Page: 186
Abstract: 本研究の目的は,ツール・ド・北海道における戦略的協働(もしくは「協働」と略記)の詳細な事例研究を通じて,NPO,政府,企業といった3つの異なるセクターに属する組織による戦略的協働のプロセスを解明することである。戦略的協働は「セクターを異にする複数の組織が異なるいくつかの戦略的意図を実現するために,単一セクターの主体のみでは実現が困難なプロジェクトを共同して実行する活動」と定義される。 本研究では,小島(2006)によって導出された「協働の窓モデル」を用いて分析を行った。その結果,(1)協働アクティビストが,複数の重層的に連結された場を活用する場合,協働が促進される,(2)アジェンダの進化によって協働が促進される,(3)協働アクティビストが,協働を意図した活動だけでなく,協働を必ずしも意図しない偶然生じたこれまでの活動をうまく活用する場合,協働が促進される,(4)協働が成功するとその先例は特定の領域内だけでなく他の領域にも波及する等,従来の研究では必ずしも明らかにされてこなかった新たな知見が獲得された。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/32395
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第57巻第4号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University