HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第104号 >

大学生における猫背、腰痛・肩凝りの発現率とその対策についての調査

Files in This Item:
P205-211.pdf1.06 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/b.edu.104.205

Title: 大学生における猫背、腰痛・肩凝りの発現率とその対策についての調査
Other Titles: Investigation Results of the Appearance Rate and the Measures against Stoop, Lumbagoand Shoulder Stiffness in University Student
Authors: 橘内, 勇1 Browse this author
大塚, 吉則2 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Kitsunai, Isamu1
Ohtsuka, Yoshinori2
Keywords: 猫背
腰痛
肩凝り
不良姿勢
大学生
Issue Date: 31-Mar-2008
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院
Journal Title: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
Volume: 104
Start Page: 205
End Page: 211
Abstract: “猫背”と呼ばれる不良姿勢は,腰や背中にかけての鈍痛をもたらす腰痛症,頚・肩凝りを主訴とする頚肩腕痛の原因となり,小・中学生の若年者から高齢者まで幅広い年代を悩ませる要因となっている。とくに近年,運動不足や不良姿勢が原因とみられる子供の肩凝りの報告も多い。今回,学童期の影響も関連すると思われる大学生を対象に,不良姿勢を自覚する者の割合やそれに伴う有訴率,各自の対処法についてアンケートを実施した。なお,得られた結果を要約すると下記の通りである。1.自分の姿勢が悪いと思う男子学生は54%・女子学生は67%であった。2.腰背部痛を有する男子学生は39%・女子学生は46%であった。3.頚・肩凝りを有する男子学生は31%・女子学生は40%であった。 これらの結果は,「平成16年国民生活基礎調査の概況」による同年代の有訴率より極めて高いものであった。この背景には,授業中は座位を取り続けなければならない学生の特殊な環境要因も大きいと考えられた。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/32499
Appears in Collections:北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University > 第104号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University