HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Education / Faculty of Education >
北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University >
第105号 >

子育て支援センターの機能と地域子育て協同への可能性

Files in This Item:
105_p111-150.pdf3.79 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://doi.org/10.14943/b.edu.105.111

Title: 子育て支援センターの機能と地域子育て協同への可能性
Other Titles: Function of Community Childcare Support Center and Possibility of Childcare Cooperation with Community
Authors: 井上, 大樹1 Browse this author
河野, 和枝2 Browse this author
沢村, 紀子3 Browse this author
前田, 典子4 Browse this author
山下, 由紀夫5 Browse this author
吉岡, 亜希子6 Browse this author
Authors(alt): Inoue, Hiroki1
Kouno, Kazue2
Sawamura, Sumiko3
Maeda, Noriko4
Yamashita, Yukio5
Yoshioka, Akiko6
Keywords: 子育ての公共化
保育所
専門職協同
アウトリーチ
Issue Date: 27-Jun-2008
Publisher: 北海道大学大学院教育学研究院
Journal Title: 北海道大学大学院教育学研究院紀要
Volume: 105
Start Page: 111
End Page: 150
Abstract: 日本の地域子育て支援施策は,子育ての市場化の促進と支援サービスの利用者である親の自己責任意識の啓発にその軸足を移しつつある。しかし,親が抱える子育て困難の解決に,公 立の地域子育て支援センターによる子育ての社会化(公共化,共同化)への寄与が期待されている。北海道における地域子育て支援センターは,約半数が公立でかつ保育所併設であり,利用者親子へのサービス提供から専門職との連携や地域住民との連携に力を入れつつある。このうち,行政全体で子育て支援施策が体系化されている三つの自治体において聞き取り調査を行ったところ,支援センターが親をどのような存在として位置づけているかによって子育ての社会化への機能が異なることが明らかになった。子育ての共同化を促進させるためには,支援センターが親を地域の子育てを担い手として捉えた上で,専門職や住民との関係づくりをコーディネートすることが求められる。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/33938
Appears in Collections:北海道大学大学院教育学研究院紀要 = Bulletin of Faculty of Education, Hokkaido University > 第105号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University