HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第58巻第2号 >

消費者物価長期低下傾向の構造的要因 : 経済のグローバル化とサービス化

Files in This Item:
p1-9.pdf1.01 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/34656

Title: 消費者物価長期低下傾向の構造的要因 : 経済のグローバル化とサービス化
Other Titles: The Structural Factors in the Downward Trend of the Consumers' Price : The global economy and the service economy
Authors: 内田, 和男1 Browse this author
Authors(alt): Uchida, Kazuo1
Keywords: デフレ
マクロ的マークアップ率
グローバル経済
サービス経済
Issue Date: 11-Sep-2008
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 58
Issue: 2
Start Page: 1
End Page: 9
Abstract: 本稿では, 1973年以降における日本の消費者物価上昇率の長期趨勢的下落傾向, とりわけ1995年以降のデフレ現象の構造的要因について分析している。分析モデルはケインズ『貨幣論』の第一基本方程式に基づいており, モデルの推定結果によれば, 貨幣賃金の変動と「マクロ的」マーク・アップ率の変動が消費者物価の下方変動の説明要因として統計的に有意であることが示される。推定結果から我々は, 1995年以降のデフレ現象が経済のグローバル化による賃金の伸び悩みと, 経済のサービス化(ポール・クルーグマンが云う所の世界経済のローカル化)に起因していることを読み取ることが出来る。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/34656
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第58巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University