HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第58巻第2号 >

産業集積における技術イノベーションの実現過程 : 鯖江眼鏡枠産地のフィールド調査を通した予備的考察

Files in This Item:
p113-129.pdf2.22 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/34664

Title: 産業集積における技術イノベーションの実現過程 : 鯖江眼鏡枠産地のフィールド調査を通した予備的考察
Other Titles: A Note on the Innovation Process in an Industrial District : The case of an eyewear district in Japan
Authors: 相原, 基大1 Browse this author
秋庭, 太2 Browse this author
Authors(alt): Aihara, Motohiro1
Akiba, Futoshi2
Keywords: 技術イノベーション
イノベーションプロセス
産業集積
分業 ・中小企業
Issue Date: 11-Sep-2008
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 58
Issue: 2
Start Page: 113
End Page: 129
Abstract: 本稿の目的は,鯖江眼鏡枠産地にて実施したフィールド調査のデー タにもとづいて,産業集積において技術イノベーションが実現される過程に関する特徴を析出し,今後の調査分析の予備的な知見を得ることにある。 フィールド調査の対象は,眼鏡枠メーカー6社,部品メーカー3社,眼鏡枠企画卸業者3社,業界組合1組織,行政1組織,業界専門誌出版社1社の計15サイトである。収集されたデータは「絶えざる比較法」によって分析された。具体的には,テキスト化されたデー タを切片化した後,コードマトリクスなどの作成を通してデータの切片を相互に比較し,概念カテゴリーおよび概念間の相互関係に関する仮説の導出をおこなった。なお,本稿での分析で中心的に用いられたは,特徴的な加工技術の開発を経験したことのある眼鏡枠メーカー2社および企画卸業者1社で得られたデータであり,他の データは補完的に用いられた。 分析の結果,開発に着手する背景,加工技術の開発過程における加工専門業者との関係,開発成果の流出入の3点に関して,いくつか 興味ある発見事実を得た。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/34664
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第58巻第2号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )

MathJax is now OFF:


 

 - Hokkaido University