HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
経済学研究院・経済学院  >
經濟學研究 = The economic studies >
第58巻第3号 >

不正事例と監査の品質管理

フルテキスト
199-204_yoshimi.pdf1.27 MBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/35109

タイトル: 不正事例と監査の品質管理
その他のタイトル: Audit Fraud Cases and Its Implication for the Audit Quality Control
著者: 吉見, 宏 著作を一覧する
キーワード: 監査
品質管理基準
監査法人
足利銀行
東北文化学園大学
発行日: 2008年12月11日
出版者: 北海道大学大学院経済学研究科
誌名: 經濟學研究
掲載誌等別名: Economic Studies
巻: 58
号: 3
開始ページ: 199
終了ページ: 203
抄録: 本論文は、2005年10月に企業会計審議会から公表された、「監査に関する品質管理基準」は、その設定にあたって、監査法人の審査体制や内部管理体制等の監査の品質管理に関連する非違事例が発生したことに対応したものであることが示されている。すなわち、ここでいう非違事例、すなわち企業等の不正事例がその設定の契機となったとされるのである。 本論文では、その事例として、足利銀行と東北文化学園大学を取り上げ、これら2事例についてどのような点で品質管理上問題点が見いだされるのかを検討し、「監査に関する品質管理基準」設定との関連をみたものである。
資料タイプ: bulletin
URI: http://hdl.handle.net/2115/35109
出現コレクション:第58巻第3号

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学