HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
Graduate School of Economics and Business / Faculty of Economics and Business >
經濟學研究 = The economic studies >
第58巻第3号 >

不正事例と監査の品質管理

Files in This Item:
199-204_yoshimi.pdf1.27 MBPDFView/Open
Please use this identifier to cite or link to this item:http://hdl.handle.net/2115/35109

Title: 不正事例と監査の品質管理
Other Titles: Audit Fraud Cases and Its Implication for the Audit Quality Control
Authors: 吉見, 宏1 Browse this author →KAKEN DB
Authors(alt): Yoshimi, Hiroshi1
Keywords: 監査
品質管理基準
監査法人
足利銀行
東北文化学園大学
Issue Date: 11-Dec-2008
Publisher: 北海道大学大学院経済学研究科
Journal Title: 經濟學研究
Journal Title(alt): Economic Studies
Volume: 58
Issue: 3
Start Page: 199
End Page: 203
Abstract: 本論文は、2005年10月に企業会計審議会から公表された、「監査に関する品質管理基準」は、その設定にあたって、監査法人の審査体制や内部管理体制等の監査の品質管理に関連する非違事例が発生したことに対応したものであることが示されている。すなわち、ここでいう非違事例、すなわち企業等の不正事例がその設定の契機となったとされるのである。 本論文では、その事例として、足利銀行と東北文化学園大学を取り上げ、これら2事例についてどのような点で品質管理上問題点が見いだされるのかを検討し、「監査に関する品質管理基準」設定との関連をみたものである。
Type: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/35109
Appears in Collections:經濟學研究 = The economic studies > 第58巻第3号

Export metadata:

OAI-PMH ( junii2 , jpcoar )


 

Feedback - Hokkaido University