HUSCAP logo Hokkaido Univ. logo

Hokkaido University Collection of Scholarly and Academic Papers >
国際広報メディア・観光学院,メディア・コミュニケーション研究院  >
国際広報メディア・観光学ジャーナル = The Journal of International Media, Communication, and Tourism Studies >
No.8 >

メディアとしての公共空間と「国民化」 : メキシコシティの地下鉄のデザインについて

フルテキスト
8_p29-48.pdf714.07 kBPDF見る/開く
この文献へのリンクには次のURLを使用してください:http://hdl.handle.net/2115/38502

タイトル: メディアとしての公共空間と「国民化」 : メキシコシティの地下鉄のデザインについて
その他のタイトル: Public Space as Media : Subway Stations in Mexico City and "Mexicanization"
著者: 岡田, 敦美 著作を一覧する
発行日: 2009年 3月25日
出版者: 北海道大学大学院国際広報メディア・観光学院 = Graduate School of International Media, Communication, and Tourism Studies, Hokkaido University
誌名: 国際広報メディア・観光学ジャーナル = The Journal of International Media, Communication, and Tourism Studies
巻: 8
開始ページ: 29
終了ページ: 48
抄録: This article examines the effectiveness of defining public space in subway stations in Mexico City as media, especially for the purpose of nation-building or Mexicanization. The stations are natural places for people to congregate and many are adorned with murals, objet, replicas of pre-Hispanic ruins and walls, and even expositions. These displays constitute an important example of historical representations of the nation and national culture. The paper examines the function of these public spaces as a vehicle for sending messages to commuters and passengers, and also the processes of self-representation of Mexican people.
資料タイプ: bulletin (article)
URI: http://hdl.handle.net/2115/38502
出現コレクション:No.8

提供者: 岡田 敦美

 

本サイトに関するご意見・お問い合わせは repo at lib.hokudai.ac.jp へお願いします。 - 北海道大学